体質改善を促す漢方薬

ニキビに効果のある漢方薬

せっかく治ったと思ったのに繰り返すニキビに悩まされている人も多いことでしょう。 ニキビの予防には根本的な生活習慣の改善などが必要になりますが、体質を 変えることが必要なこともあります。 ニキビ治療には抗生剤などをつかった薬剤による治療がありますが、人に よっては漢方薬でも効果が現れます。

漢方薬の世界では、病気などの原因そのものに対処するというより、原因となる 体質を変えていくことを治療の目的としています。

よって、漢方薬でニキビを治すことができれば、ニキビができにくい 体質になるということです。 抗生剤などでは、ニキビがよくなって薬をやめたときにぶり返したりする ことがありますが、漢方薬ではそういったことが少ないと言われています。

女性で、生理前など生理周期に合わせてニキビが発生するタイプの人には、 「加味逍遥散(カミショウヨウサン)」「大柴胡湯(ダイサイコトウ)」が向いています。 特に加味逍遥散は女性特有の症状に効果のある漢方薬と言われ、広く処方されています。

アゴなど口の周囲にニキビができやすい人には「黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)」 「半夏寫眞湯(ハンゲシャシントウ)」が向いています。 半夏寫眞湯のほうが、口内炎にも効果があると言われているので、口周囲の トラブルが多い人におすすめです。

白ニキビが多い人には「補中益気湯(ホチュウエッキトウ)」「人参湯(ニンジントウ)」、 逆に赤ニキビが気になる人は「竜胆シャ肝湯(リュウカンシャカントウ)」がよいでしょう。 消化器官が弱く、つぶしても透明なものしかでないようなニキビができる人には 「六君子湯(リックンシトウ)」が向いています。

これらはあくまでも一例で、そのほかの体質や体の状態によっては違うものが 合うことがあります。 漢方薬はドラッグストアなどでも手に入りますが、メーカーなどによって 成分量が異なり専門的な知識が必要な薬剤です。

できれば漢方薬の取り扱いのある病院か、漢方に詳しい薬剤師のいる専門の 薬局に相談して、処方してもらうのがよいでしょう。

↑ PAGE TOP