ニキビの基礎知識を学ぼう!

そもそもニキビって何?

昨日まではなかったのに突然ポツポツとできるニキビ。 実にやっかいで迷惑なものですが、そもそもニキビとはいったい何なのでしょうか。

一口にニキビといってもよく見ると赤や白、中には黒いものもありますし、 全く痛みを感じないニキビもあれば、腫れ上がって少し触れただけでも 痛くて泣きそうになるようなニキビもありますね。

このニキビには、私たちの皮膚に常在している「アクネ菌」が 大きく関係しているといわれています。 このアクネ菌は普段はごく少量なのですが、何かの拍子で 皮脂が過剰分泌されると毛穴の中で増殖することで 炎症を起こしてしまいます。 この炎症こそがまさしく「ニキビ」なのです。

もちろん、毛穴が正常な状態ではアクネ菌は増殖しないのですが、 特に皮脂の分泌が活発になる思春期ごろは毛穴が皮脂で詰まることが多く、 ニキビができやすい状態に陥ってしまうようです。

ニキビは思春期の男女に多く見られるため、 「青春の証」のように言われることもありますが、 最近では思春期を思いっきり過ぎてしまったにもかかわらず、 ニキビができて困っている女性もたくさんいます。

これがいわゆる「大人ニキビ」であり、大人の女性たちを悩ませているようです。 大人ニキビは思春期ニキビよりも深刻な場合が多く、 専用のスキンケア用品も出回っているくらいです。

また、女性は生理によってホルモンバランスが崩れることも多く、 生理前後になると一時的にニキビに悩まされる人も少なくないようです。 さらに、ニキビは顔だけにできるとは限りません。

背中や胸、頭などの皮脂腺が集まっている場所にも ニキビができて痛い思いをしたことがある人も多いはずです。 ニキビは正しいケアを怠ってしまうと、炎症が悪化して ニキビ跡ができてしまうこともありますので、 正しい知識のもと、正しいケアを行うことが大切なのです。

↑ PAGE TOP