にきびの洗顔で、ニキビ予防をしよう!

ニキビの洗顔でニキビ退治!

にきび洗顔は、ニキビ対策の第一歩です。 洗顔だけでニキビを治すことはできませんが、 「ニキビのできにくい肌」を作るためには、きちんとした 洗顔が絶対必要です。 またニキビができている人が、ニキビの治りを早くするためにも、ニキビ洗顔は必須です。

ところが、このニキビ洗顔を間違えている人が少なくありません。正しいニキビ洗顔のためには、二つの知識が必要です。ニキビのための洗顔方法については、「ニキビの洗顔方法」で説明します。

このページでは、ニキビ洗顔料の正しい選び方について説明したいと思います。どうかこのサイトを参考にして、ニキビに悩まされない美肌ライフをおくれるようになって もらえたらと思います。
ニキビ予防にオススメの洗顔料をチェック!

ニキビ洗顔料を選ぶポイントは?

ニキビケアのための洗顔料は、もちろんやみくもに 選んではいけません。選ぶのにあたって、抑えるべきポイントがありますので下記で紹介します。

1.肌への負担が少ないこと

強力な洗顔料を使えばメイクを落すのも楽ですが、 肌への負担が大きくなります。 洗顔の直接の目的は、顔の余分な皮脂を取り除くことですが、 洗顔料が強力過ぎると、肌の保湿に必要な皮脂まで洗い落としてしまいます。

すると、かえってニキビができやすい肌になってしまうので、ニキビケアの点で逆効果す。 特に、界面活性剤が配合されている洗顔料はもっての他です。 洗顔料は、刺激の弱いものを選びましょう。

2.十分な洗浄力があること

低刺激の洗顔料を選ぶべきですが、同時に十分な洗浄力を持っていることも大事です。 洗顔の目的は、余分な皮脂と古い角質層を洗い流すことですが、洗浄力が十分でないと皮脂や古い角質層が洗い落とせません。 それらが残ったままですと、ニキビができやすく、また肌のくすみの原因にもなり、 美肌にもマイナスです。

3.保湿効果があること

これは必ずしも必要ではないが、保湿効果がある方が望ましいでしょう。 また、洗顔の後に化粧水・美容液が浸透しやすくするためにも、 肌の状態を整える植物成分が配合されていれば、申し分ありません。

では、どんな洗顔料を使えばいいの?

上で、よい洗顔料の条件を3つ挙げました。要は、肌に優しくて十分な洗浄力があり、保湿効果があれば更に良し、という洗顔料を探せばよいという話です。ですので、今後の洗顔料選びでは、この条件に合ったものを探してみて下さい。

しかし、そうはいっても、自分で探す時間がないとか、探すのが面倒くさいという女性の方もいると思います。そこで1つだけ オススメの洗顔料を紹介させて頂きますと、草花木果の洗顔石けんです。

詳しくは下記のサイトを見て欲しいのですが、肌に優しい・洗浄力がある・保湿効果がある、という3つの条件を全て満たしています。 どくだみ等の植物成分や天然温泉水を配合しているため、肌への負担もなく、 その割に十分な洗浄力を確保しています。 また、通常の機械式練り石けんの実に10~30倍もの保湿成分が配合されている上、植物成分が化粧水の浸透を助ける働きをします。

ということで、草花木果がイチオシですが、もっと他のニキビ洗顔料が欲しいという方は「人気のニキビ洗顔料とは」を参考にしてもらえたらと思います。

↑ PAGE TOP